ベトナムボランティア3日目

3日目は、施設の担当で1年ぶりに平和村を訪れました。

平和村は、ベトナムタイニン省ハオドゥック村にあるリハビリテーションが行える唯一の病院で、僕の所属するNPOとは2003年から連携して地域医療活動を行っています。

 

 

1年ぶりの平和村は昨年と大きく変わった印象はなく、この日も患者さんを看護・介護する家族が大勢いました。

 

そうそう、ベトナムでは患者さんの身の回りのことは病院スタッフではなく家族が実施するみたいです。そのおかげで褥瘡(床ずれ)の発生率は極めて少ないと平和村の看護師さんが教えてくれました。

DSC00991

あとベトナムの患者さんには脳卒中の方がすごく多い印象が訪問のときからありました。このことを聞いてみるとベトナムの料理は塩分が高く、高血圧の方が多いことが影響しているということでした。

 

日本の場合、降圧剤で血圧コントロールができます。

しかしこの国では、近くに病院がなかったり、薬を買うお金がなかったりと日本では悩むことのないような原因で、多くの人が脳卒中に罹患しているようです。

DSC01010

 

午前中は、脳卒中患者さんを中心にベトナム人セラピストとアプローチ方法、動作指導についてディスカッションを行いました。

 

指導がうまくいった例として、階段を降りるのに恐怖感を持っている脳卒中患者さんに対して、ベトナム人セラピストはこれまで前向きでの降り方しか指導していませんでした。そこで高さの恐怖感を軽減できる後ろ向きで降りることを提案すると「こっちのほう楽!」と良い反応を得ることができました。

 

 

また膝痛をもつ脳卒中のおばあちゃんに対しては、セラピストが過剰に安静にしている可能性についてお伝えしました。

DSC01014

 

午後からは、日本語⇄ベトナム語の通訳さんが少ない関係もあり、英語を話せる僕が、作業療法士の桑原さんとベトナム人セラピストの通訳役として働きました。

 

小児リハビリテーションを見るのは、この時が初めてだったので、良い経験をさせてもらいました。

 

桑原さんのハンドリング上手いなぁとか、子供が泣いても訓練をやめないのは、セラピストも大変だなぁとか思いながら見ていました。

DSC01027

発達障害がある子どもに対しておもちゃなどを使って興味・関心を引き出しながら、身体活動を促していくという考え方は、根本的には成人に対するアプローチと同じだなと勉強になりました。

DSC01034

 

日本で医師として働くクイ先生から、ベトナム人は楽にできる物理療法が好きで、さらに保険点数も理学療法と変わらないため、セラピストも物理療法を選択しがちであり、リハビリテーションがなかなか進まないという話を聞きました。(物理療法してる患者さんの写真撮り忘れた・・・)

 

そんななかでもマシントレーニングをせっせと頑張っている患者さんがたくさんいました。
マシンはかなり使い古してますけどね。

DSC01039

DSC01046

 

業務終了後、田中くん(僕の大学時代からの友人で昨年この活動に一緒に参加したPT)をハンサムと言っていた彼女と写真を撮らせてもらいました。
ちなみにこの日は田中くんより僕の方がハンサムだと言ってもらえました!笑

DSC01050

 

その後は、平和村スタッフたちとの飲み会でした。
ちなみにこの日はビールが飲めました!
しかもハイネケン飲み放題!

DSC01052

海鮮料理の店で、チャーハンや鍋や炒め物がめちゃめちゃ美味しかったです!

DSC01052

異国の地で飲むビールはやっぱりサイコーですね!

DSC01057

最後のまとめはまた次に書きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です