VR認知症プロジェクト

Hello!VRヤマモトです!

dsc01285

前の記事で書きましたが、9/3〜9/4に東京で行われた認知症フレンドリーサミット2016に参加しました。

そこで僕が一番楽しみにしていたのがVR認知症体験です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-09-14-26-23

VR認知症プロジェクトとは、
認知症になると想いを表出しづらくなり、代わりに起こす行動が周囲には理解できないものと映ってしまうことが多くあります。表面的な行動は、徘徊をはじめとする様々な専門用語で括られ、認知症だから起こすものと思われがちです。しかし認知症だからではなく、混乱する環境においては誰もが通常と違う行動を起こすものと理解し、始まったのがVR認知症プロジェクトです。

僕自身、VRを体験するのが初めてだったので「どんな感じなんやろう」とワクワクしながら3Dゴーグルを装着しました。(ちなみに3Dゴーグルはメガネをつけたままでも装着できるんですね)

dsc01275

プログラムは全部で3つあったのですが、一番印象的だった"視空間失認"という症状を再現したものについて書いてみようと思います。

 

僕たちは床に木材を置き、そこに立ったままゴーグルを装着しました。

dsc01282

するとそこは足を一歩前に出すと落ちてしまうようなビルの屋上でした。

moz-screenshot-3331
まさにこんな感じでした。

しばらくすると左右のヘッドホンから男性と女性の「大丈夫ですよ」「怖くないですよ」という声が聞こえてきました。左右を見ると介護士のような男女が僕の側に立ち、しきりに声をかけてきました。(少し記憶が曖昧なので違う言葉だったかもしれません)

「いやいや、こんな状況怖いに決まってるやろ、VRって分かってるけどちょっと怖いのに」と思っているとグラッとふらつき視界が前方に動きました。

 

「アカン、落ちる」と思った瞬間、それまでビルの屋上に立っていたのが、老人ホームの入り口の前に場面が切り替わりました。

自分の背中側には送迎バスがあり、送迎バスのステップから降りた直後のようでした。

 

そうすると先ほどの男女が左右から「やっと降りられましたね」と先ほどと同じような笑顔で声を掛けてきて終了でした。

 

 

 

 

皆さん、どういうことかわかりますか?

正直僕は全く意味がわかりませんでした。

 

 

VR認知症を開発したシルバーウッド株式会社の下河原さんの話によると、時折、送迎バスから降りる際に身体がこわばり、うまく降りられない認知症の方がいるそうです。

 

つまり、通常ならばなんの問題もないはずのバスのステップから降りるという行為が、視空間失認の影響でその高さを正しく認識できず、深い穴に飛び降りるように感じることがあるという話でした。

 

視空間失認とは、空間の配置を正しく理解できない症状のことをいいます。アルツハイマー病初期、軽度の認知症にも見られることがあります。机や扉、窓など1つひとつの位置はわかっているのに、全体を空間としてとらえることができません。そのため部屋から出られないなどと言ったりします。字を解読できるからといって、大きな貼り紙や案内板で示しても、その内容と空間を関連づけることができないため有効な方法ではありません。おもに頭頂葉と後頭葉の病変から生じるといわれています。

 

「なるほど〜〜〜〜〜〜〜〜〜そういうことか!!」

この意味がわかった瞬間、笑顔で声をかけてくれていた男女(介護スタッフ)に対して恐怖感のようなものがこみ上げてきました。

笑顔であることが逆に怖く感じました。

 

僕も臨床で働く中で、なんでもない立ち上がりや着座、移乗の際に異常に抵抗を示す患者さんに遭遇したことがあります。

無理やり立たそうとしたり、座らそうとしたりしたことも正直何度もあります。

良かれと思ってやっていたことが患者さんには恐怖感を与えていたかもしれないとこれまでの自分を反省しました。

 

 

VR認知症は、そのような人たちの気持ちを理解するのに素晴らしいデバイスだと思いました。

体験会の様子がシルバーウッド株式会社のHPから見れますので、皆さまチェックしてみてください!

0001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です