KNOW NO LIMIT 2016に参加してきた

knl2016_dm

KNOW NO LIMIT HPより

 

2016年11月20日(日)、東京国際交流会館にて、国際せきずい損傷リハビリテーション協会およびJ-Workout株式会社が主催で開催された脊髄損傷者による歩行披露イベントKNOW NO LIMIT 2016に参加してきました。

 

J-Workout株式会社にはこれまで何度か見学に行ったこともあり、ぜひこのイベントに参加したいと考えていました。(詳しくはこちらJ-Workoutのここがすごい

 

KNOW NO LIMITとは

一言でいうと、脊髄損傷者による歩行披露イベントです。

 

HPによると

 

二度と歩くことはできないと宣告されながら、努力を続け歩行を取り戻した脊髄損傷者が歩行を披露します。

 

医療では医療費削減が原因で十分にリハビリテーションを受けられない現状に対して、脊髄損傷者の社会復帰にどれほど長期的なリハビリテーションが必要であるか強く訴え続けるイベントです。

 

第10回目となる今年は【過去 / 現在 / 未来】をテーマに今までの KNOW NO LIMIT を振り返り、現在 → 未来へと繋がる可能性を表していきます。

KNOW NO LIMIT HPより

 

イベントの内容

①WALK for 〇〇、②Another Story、③メインウォーク、④Recovery of the Yearと4つのテーマに分かれていました。

 

この他に、J-Workout株式会社の研究発表や実際のトレーニングで使用するPOWER PLATEの紹介、また脊髄損傷ミュージシャン眞榮城興和さんによる弾き語りライブも行われました。

 

それでは順に紹介させてもらいます。

 

WALK for 〇〇

WALK for 〇〇では、16名のウォーカーたちが、それぞれの『〇〇のために歩く』と言う思いを込めて、歩行を披露されていました。

 

出場者さんたちの年齢は、下は8歳、上は64歳と幅広い年齢層の方々がトレーニングに取り組んでいることがわかりました。

 

彼らの一歩、また一歩と必死に足を前に振り出す姿、トレーナーの安全を考慮しながら『自分の力で足を前に運んでほしい』と必要最小限でアシストを行う姿には感動しました。

 

会場からは、彼らの歩行を励ます声や感動による涙でいっぱいでした。

 

また歩行を披露した後に、彼らが述べる家族やトレーナーに対する感謝の言葉は、涙なしでは聞くことができませんでした。

 

Another Story

Another Storyでは、障害や自分の内外にできたバリアを乗り越え、人生の中で『KNOW NO LIMIT』つまり『限界はない』を体現している4名が講演をされていました。

 

この時間を利用し、協賛企業ブースにいっていたため、残念ながら講演を聞くことはできませんでした。

 

メインウォーク

メインイベントであるメインウォークでは、東京スタジオ、大阪スタジオ含めた350名を超えるクライアントの中から選ばれた8名がステージ上で歩行を披露されました。

 

そして8名が歩行を披露した後に、参加者たちそれぞれが、もっとも感動した一人に対して投票し、今年のRecovery of the Yearが決定します。

 

歩行を披露される前に、一人一人の受傷前の生活や脊髄損傷を受傷された時の気持ち、今後の目標などが語られてました。

 

このセクションに参加されていた最高齢の方は、なんと82歳

 

80歳になって脊髄損傷を受傷してしまうと、通常再び歩くことなど諦めてしまうのではないでしょうか。

 

実際にこの方が入院していた時は、歩く練習などはもってのほかで、認知症予防にと作業活動などをしていたそうです。

 

きっとこのときのセラピストは、この方が近い将来、自分の足で立つことなんて想像もしていなかったのでしょう。

 

しかし、この方は、『せっかく生きているのだから生きている限り、いつまでも限界を作らずに成長していきたい』と今でもハードなトレーニングを続けられているのです。

 

この方の歩いている姿をリハビリテーションに励まれているすべての人たち、そしてすべてのセラピストたちに見てもらいたいと思いました。

 

KNOW NO LIMITから学んだこと

1つめが、イベントのタイトルの通り『限界なんてない』ということです。

 

今回、出場されていたのは、医師からもう回復しないと言われた方々ばかりです。

 

しかし、日々のトレーニングの結果、身体、精神、生活とあらゆる回復を遂げることができたのです。

 

2つめが、トレーニングの際の雰囲気作りです。

 

歩行を披露された皆さんが言っていたことが

 

『トレーナーのみんなが明るいんだ。トレーニングはしんどいけど、ジム内は冗談が飛び交っていてとても楽しい』ということです。

 

そしてJ-Workoutでトレーニングを重ねることで『少しずつポジティブになっていった』ということです。

 

これは僕たち医療機関や介護施設で働くセラピストも参考にすべきことではないでしょうか?

 

僕はJ-Workoutのトレーニングを見学させていただいてから、考え方が少し変わりました。

 

それまで以上に、利用者さんたちにより明るく楽しんでもらえるよう接することを心掛けるようになりました。

 

そんなたくさんのことが学べるKNOW NO LIMITに来年はぜひ皆さんも参加してみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です