ESLコース初日、速攻で心が折れる

1月9日、今日からいよいよアルバータ大学ESLコースのスタートです。

 

 

通常、コースは午前・午後が選択できるのですが、僕は到着が遅かったためか、勝手に午前と決められており、8時〜12時という朝がキツイ3ヶ月間になりそうです。

 

大学には19:40頃に着き、教室が開くのを待っていると横にいたアラブ人の2人と話をすることになりました。

2人とも英語がペラペラで、「先生かな?」と思っていると同じコースを受けるクラスメイトと知り、このコースのレベルの高さを知りました。

 

 

 

クラスメイトは、日本の中国イランサウジアラビア2人シリアコロンビアチリという様々な国から集まった面白そうなクラスです。

 

※ちなみにルームメイトのスティーブンがESLに通っていたときは、16人中15人が中国人だったそうです。笑

 

このメンバーに、あとから数人が追加するとインストラクターのローラが言っていました。

 

 

他のクラスメイトたちもみんなペラペラ。

そのほとんどがカナダに滞在して1〜2年経過しており、なおかつ、名門アルバータ大学の大学院で研究しようとしているやつら。

 

「おれ無理や.....。下のクラスに変えてもらおっかな....」

とこのコース(ESLの中で最も難しい)を選択したことを本気で後悔しました。

と言うか今でもずっと後悔してる。笑

 

 

 

クラスメイトのレベルもすごいのですが、宿題の量もすごいのです。

見てください!初日にして宿題がこれです。

このびっしりの文章を3ページ読んでこいというものです。

 

img_3821

 

これだけではありません。

 

自己紹介のスライド作成、オンラインでの英語テストなんかもあります。

もちろん明日までです!

 

 

明日の宿題は、15ページほどの文章を読んでこいと言われています。

 

img_3823

 

これに対してみんなは

「今日の宿題は楽やな。明日はちょっと大変やけど」

なんて言ってます。

 

 

おれからしたら今日のもヤバイんですけど!!!

 

 

このようにしてイントロダクション中心の初日が終わりました。

 

 

クラスが終わった後、みんなで教科書を買いに行きました。

カナダに来て間もない僕にみんな色々と親切に教えてくれたのが嬉しかったです。

 

img_3813

 

その後は、家にすぐに帰って宿題をするつもりだったのですが、バスがなかなか来ず、氷点下17℃の中で40分待つことになりました。

 

img_3812

 

外はガッツリ防寒しても死ぬほど寒く、家に帰ると何もできず、毛布に包まってガタガタ震えているといつの間にか夜の7時になっていました。

 

夕食を食べ、風呂に入り、宿題を終えて、今(1:00)に至ります。

 

 

正直、明日のクラスに出るのが憂鬱です。

思い描いていたような薔薇色の学園生活はおそらく送れないでしょう(T . T)

 

 

でも

「海外で挑戦する人たちは、みんなこんな過程を経て成長したんやろな!」

「死にものぐるいでみんなに食いついていこう!」

と自分に言い聞かせて頑張ろうと思います!

 

 

 

あぁー明日がイヤやなー

それでは、おやすみなさい。

 

 

あと最後に一つ嬉しかったことを書いておこう。

4日目にしてかなりホストファミリーのみんなと関係が築けてきた!

 

以上!!

 

 

 

ESLコース初日、速攻で心が折れる”に関する2件のコメント

  1. りょう

    けいくん、遂にカナダかー
    頑張って!!
    けいくん程過酷なクラスではないけど、僕もそれなりに頑張ってた笑
    慣れればさくさくできるんちゃうかな(^_^)
    hang in there!!

    1. Keitapt

      記事の著者

      コメントありがとう!
      カナダ留学思ってたより大変やな、めっちゃ寒いし笑
      りょうも頑張ったからあんだけ上達してんな!
      俺も頑張るわ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です