海外で理学療法士になるならカナダがベスト説

前回の記事で、海外に興味のある理学療法士(PT)に対して、オーストラリアを目指すのは無謀だと書きました。

 

そして、最後にはカナダを目指した方が良いのでは?と僕の意見を述べさせてもらいました。

 

今日は、なぜカナダが良いのかを書かせてもらいます。

 

カナダの理学療法について

カナダは日本と異なり、PTの資格を取得するのには修士課程を卒業しなければなりません。

 

つまり資格取得までに最低でも6年かかるということです。

 

そのため、オーストラリアと同様、社会的地位が高く、開業権があります。(途上国以外でPTに開業権がないのは日本と韓国くらいらしいです)

 

そして皆さんが一番気になる年収ですが

スクリーンショット 2017-02-16 19.06.17

Physiotherapist Salary (Canada) 

 

新卒で平均512万円と僕たち日本のPTよりかなり高いようです。

 

どうやってカナダで理学療法士になるの?

先ほど、大学院を卒業しなければPTになれないと書きましたが、僕たち外国人理学療法士はカナダの養成校(大学院)に入学することができません。

 

「そんなの差別だ!」と思いましたか?

 

しかし、養成校の立場からすると

 

『あなたたちは自分の国で一度理学療法の勉強したんでしょう?そんなの他の生徒たちより有利じゃないですか』

 

といった言い分のようです。

 

そう言われると確かに納得ですよね。

 

「それなら無理じゃん」と思うのは少しお待ちください。

 

カナダでも外国人理学療法士のために書き換え試験が用意されています。

 

しかも書き換え試験を受けるにあたり、2種類プロセスが用意されているのです。

 

①直接書き換え試験を受ける

これはオーストラリアと同じです。

 

つまり、自力で勉強をして、自分で申し込みをして試験を受けると言う方法です。

 

ただ、オーストラリアと違う点は、過去問が公開されているなど、外国人に対してオープンであることです。

 

しかし、いくらカナダが外国人に対してオープンだからといって、日本語で理学療法の勉強をしてきた我々日本人PTが、英語で試験を受けるのはかなり厳しいですよね。

 

さらにカナダの医療システムなんて知らないし・・・。

 

そこで、次に紹介するBridging programです。

 

②Bridging programを使う

Bridging programとは、カナダでの就労を目指す世界中のPTを対象とした書き換え試験対策用の教育プログラムです。(※Bridging program終了後、書き換え試験で合格する必要があります)

 

このプログラムは、トロント大学、ブリティッシュコロンビア大学、そして僕が現在いるアルバータ大学で受けることができます。(僕が短期留学先にアルバータ大学を選んだ理由の一つはこれです)

 

アルバータ大学の場合、期間は1年間で、学費は100万円ほどです。

 

もちろん安いとは言えませんが、オーストラリアの3年で約1000万円に比べるとかなり現実的な数字ですよね。

 

英語の問題(IELTS OA7.0以上)、資金の問題に加えて、ビザの問題(Bridging programに入る前に就労ビザor移民ビザが必要)もあるので、この道も決して簡単なものではありません。

 

しかし、オーストラリアに比べるとかなり可能性が高く、失敗したときのリスクが少ないと僕は考えています。

 

Bridging programについての詳細は下の動画で見ることができます。

Admission Assessment: Alberta Internationally Educated Physiotherapy Bridging Program

 

さらに詳しく知りたい人へ

カナダのPT留学に関しては、こちらのカナダの理学療法士~ちょっと休業中~で詳しく知ることができます。

 

またWCPT Congress 2015では、トロント大学とアルバータ大学のBridging programの教員たちがポスター発表を行なっています。

 

WCPTのサイトbridging programと検索するといくつかプレゼン資料がダウンロードできますので、ぜひ読んでみてください。

 

最後にアルバータ大学とトロント大学のURLを載せておきます。

アルバータ大学:Bridging to Canadian Physiotherapy Practice

トロント大学:OIEPB Comprehensive Bridging Program

スクリーンショット 2017-02-16 21.27.13

トロント大学シャロン先生と

 

最後に

英語はできるようになります

お金は貯まります

ビザはNo Problem(シャロン先生曰く)

 

『海外で理学療法士になりたい』という人には、ぜひカナダも選択肢の一つとして考えてみてもらえればと思います。

 

何か質問がありましたら気軽にメッセージください。

 

海外で理学療法士になるならカナダがベスト説”に関する2件のコメント

  1. 野沢 哲矢

    オーストラリアで働くことを
    夢見ている四年目PTです。
    現実はこんなにも厳しいのですね。
    大変参考になりました。
    ありがとうございます。

  2. kazumasa morishita

    初めまして、カナダ留学を希望し、準備を始めようとしてる駆け出しPTです。
    ブログ拝見させて頂きました。
    よろしけれぼ、詳しくアドバイス等頂けないかと思い、コメントさせて頂きました。
    お時間あるときにメールを頂けるとありがたいです。宜しく御願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です