海外を目指すセラピストへ(後編)

前回の記事で、海外に興味のあるセラピストに対して、オーストラリアを目指すのはリスキーすぎると書きました。

詳しくはこちら海外を目指すセラピストへ(前編)

 

そして記事の最後には、カナダを目指した方が良いのではないかと述べました。

 

今日は、なぜオーストラリアではなくカナダを目指すべきなのかを僕なりの意見で書かせてもらいます。

 

1

 

 

カナダの理学療法について

カナダは日本と異なり、理学療法士の資格を取得するのには修士課程を卒業しなければなりません。つまり資格取得までに最低でも6年かかるということです。

 

そのため、オーストラリアと同様、社会的地位が高く、開業権があります。

※というか途上国以外でPTに開業権がないのは日本と韓国ぐらいらしい・・・。

 

 

そして皆さん気になるカナダの理学療法士の年収ですが、

 

スクリーンショット 2017-02-16 19.06.17

Physiotherapist Salary (Canada) 

 

新卒で平均512万円と僕たちよりかなり高いようです。

 

 

どうやってカナダで理学療法士になるの?

先ほど、大学院を卒業しなければ理学療法士になれないと書きましたが、なんと僕たち外国人理学療法士はカナダの養成校(大学院)に入学することができません

 

「そんなの差別だ!」と思いましたか?

 

しかし、養成校側からすると

「あなたたちは自分の国で一度理学療法の勉強したんでしょ?そんなの他の生徒たちより有利じゃないですか」

といった言い分のようです。

 

そう言われると確かに納得ですよね。

 

「ほな無理やん!」と思うのは少し待ってください。

 

カナダでも外国人理学療法士のために書き換え試験が用意されています。

しかしオーストラリアと異なり、書き換え試験を受けるにしても2つの方法があるのです。

 

 

①書き換え試験を受ける

これはオーストラリアと同じで、”直接”書き換え試験を受けるやり方です。

 

ただ、オーストラリアと違う点は、過去問が公開されているなど、外国人に対してオープンであるようです。

 

しかし、いくらカナダが外国人に対してオープンだからといって、日本語で理学療法の勉強をしてきた僕たちが、いきなり英語で試験を受けるのってかなりキツいですよね。

しかもカナダの医療システムとか知らないし・・・。

 

という僕たちにぴったりなのが、次に紹介するBridging programです。

 

 

②Bridging programを経由する

Bridging programとは、カナダを目指す世界中の理学療法士を対象とした書き換え試験対策用の教育プログラムです。(※Bridging program終了後、書き換え試験で合格する必要があります)

 

このプログラムは、トロント大学、ブリティッシュコロンビア大学、そして僕が今いるアルバータ大学で受けることができます。(実は、僕が留学先にアルバータ大学を選んだ理由の一つはこれです)

 

アルバータ大学の場合、期間は1年間で、学費は100万円ほどです。

 

もちろん安いとは言えませんが、オーストラリアの4年で約1000万円に比べるとかなり現実的な数字ですよね。

 

英語の問題(IELTS OA7.0以上)、お金の問題に加えて、ビザの問題(確かBridging programに入る前に就労ビザor移民ビザが必要)もあるので、この道も決して簡単なものではありません。

 

しかし、オーストラリアに比べるとかなり可能性が高く、失敗したときのリスクが少ないと僕は考えています。

 

Bridging programについては下の動画で見ることができます。

Admission Assessment: Alberta Internationally Educated Physiotherapy Bridging Program

 

 

さらに詳しく知りたい人へ

カナダのPT留学に関しては、こちらのブログカナダの理学療法士~ちょっと休業中~で詳しく知ることができます。

 

またWCPT Congress 2015では、トロント大学とアルバータ大学のBridging programの教員たちがポスター発表を行なっています。

WCPTのサイトbridging programと検索するといくつかプレゼン資料がダウンロードできますので、ぜひ読んでみてください。

 

最後にアルバータ大学とトロント大学のURLを載せておきます。

アルバータ大学:Bridging to Canadian Physiotherapy Practice

トロント大学:OIEPB Comprehensive Bridging Program

 

スクリーンショット 2017-02-16 21.27.13

トロント大学シャロン先生と

 

 

最後に

英語はできます!(経験談)

お金は貯まります!(経験談)

ビザはNo Problem!(シャロン先生談)

 

なので、海外で理学療法士になりたい!という人は、ぜひカナダも選択肢の一つとして考えてみてください!

 

何か質問などありましたら気軽にメッセージください。

お待ちしてます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です