著者アーカイブ: Keitapt

 

『人間は手足が計4本。男女がベッドに入ったら何本になるでしょう?』

 

と質問してきたのは、台湾美人の陳ちゃんだ。

 

先ほどの店で友人たちとは別れ、二軒目のバーで異なる男女6人と飲んでいた。

ちなみに今回も私以外は全員台湾人。会話の9割は中国語である。

 

『え?8本じゃないの?』

 

『ブッブー!答えは9本です!』

『なぜならチンチン(日本語)が含まれるからです!台湾ジョークでした〜』

 

めちゃくちゃ可愛いではないか....。

 

ただちょっと待て

酒に酔った私の頭がここぞとばかりにフル回転する

 

『ちょっと待ってよ。やっぱり8本が正解だろ?だってその最後の一本はベッドの上で消えちゃうからさ』

 

『????』

 

『女の子の中にだよ!』ドヤ顔

 

一同大爆笑

 

 

ちなみに私と陳ちゃんはこの日が初対面。

彼女は、性に対して積極的な性格でなんでも私に聞いてくる。

 

『この香港の俳優あの人に似てない?あの〜だれだっけ、、、そう!ゴールドフィンガー!』

 

『加藤鷹?』

 

『そう!加藤鷹!!』

 

一同大爆笑

 

 

『日本人はベッドの上でどうやって声を出すの?』

 

『ん〜「やばいやばい」とか「気持ちいい」とかかな?』

 

『ヤバイヤバイ!キモチイイ!ヤバイヤバイ!キモチイイ!』

 

『こんなところで言っちゃダメだよ(笑)』

『ちなみに台湾の女の子はどんな声を出すの?』

 

『私はとにかく叫ぶ「アーーー!!!」』

 

一同大爆笑

 

 

『私ね、彼氏のこと"ソーセージ"って呼んでるの』

 

一同大爆笑

 

 

性に対して開放的な一方、会話の端々からどこか知性を感じさせる彼女。(この文章からでは伝わらないだろう)

久しぶりに素敵な女性と出会えたのに彼氏がいると聞き少し残念。

 

 

英語ができて、酒が飲めるとこんなにも愉快な夜が過ごせるのです。

※ちなみに彼女はシラフ(笑)

 

 

 

台湾最後の夜は、南部の町台南市で過ごす。

 

そこで4年前出会った友人たちがわざわざ集まってくれた。

 

私以外は全員台湾人。

会話は中国語と英語が入れまじる。

酒も入り、徐々に会話も盛り上がってくる。

 

そこでYilinが私に突然聞いてきた。

 

『ケイタ、4年前俺たち日本のポルノスターについて話したのを覚えているか?』

 

『そういやしたなぁ。俺だれって答えたんだっけ?』

 

『なんだよ覚えてないのか、明日花キララだよ。あれから俺、明日花キララを調べたんだ。彼女、最高だな』

 

『だろ(笑) ところでYilinはだれって答えたんだっけ?』

 

『Rioだよ!』

 

『なるほど。間違いないな。でもあれなら4年も経つのに今でも人気ってのがすごいよな』

 

『全くだぜ』

 

その後も共通の友人の女の子の胸がデカイやらTinderは知ってるか等くだらない話は続いた。

 

カナダでもそうだったが、だいたい海外のやつらと酒を飲むと最終的にはこのような下世話な話にたどり着く。

 

共に酒を飲み、こんなくだらない話をする

これこそが海外のやつらと仲良くなる一番の近道だと私は考えている。

紅一点の彼女は英語を話さない

そのため私たちの会話を理解していなかったと信じたい

 

 

この日は海外医療者取材の第一弾であった。

 

取材させてもらった台湾人理学療法士のChih-Chin氏は認知症高齢者への太極拳プログラムの有用性を研究している。

 

WCPT Congress 2015での彼女のプレゼンに関心を持ち、ぜひお会いしたいと願い出たところ、快諾してくれたため、今回の取材は実現した。

 

太極拳を学びたいと伝えると彼女の計らいで、早朝より広場で行われている太極拳のクラスに参加させてもらうことができた。

 

初めて太極拳の感想としては『キツイ』の一言である。

しかし、朝から汗を流すのはなかなかに清々しい。

 

お見せしたい写真は山ほどあるのだが、太極拳の先生マスター・カク(齢70歳)がネットに顔を出すのが嫌いとの理由でアップできないのが残念だ。

 

その後、Chih-Chin氏が行なっているXboxを使用した太極拳エクササイズを体験させてもらうことができた。

そして最後に台湾において最大級の規模を誇る高齢者施設・菩提仁愛之家の見学をさせてもらった。

施設には、日本語を話す台湾人高齢者が思いの外多く、あっという間に人気者となってしまった。

 

帰り際に施設のスタッフから

『あのおじいさんたちはあなたと久しぶりに日本語で話せて幸せだったと言っていました』

という嬉しい言葉をいただいた。

 

お気づきだと思うが、ここでは詳しい内容を全く記載していない。

 

その理由としては、この旅を通じて医療情報に関しては某ウェブサイトを通じて発信するため、詳しいことが書けないのである。

 

たくさんの人に楽しんでもらえるよう面白い記事に仕上がる予定なので、しばらくお待ちいただきたい。(早くても夏頃)

台湾のセラピストはみな英語を話す

 

 

 

この日は完全オフ。

 

ちなみに私にとってのオフとは外出せずにホテルで企画書づくり、ホームページの修正、会いに行く医療者との段取りなどをすることを指す。

 

ということでこの日は、昼食・夕食時のみしか外に出ていない。

 

今日の昼メシ

台湾肉員という台中では人気の店へ

あんかけ小籠包150円と豚肉入りスープ110円

ちなみにジュース屋でタピオカ入り紅茶を買ってメシ屋に行くのが台湾流

パクチーが無理なので一つ一つ取り除いてからいただきます!

 

今日の晩飯

チャーハン、海藻オムレツ、枝豆、ビールでぴったし1000円

 

今日の宿

前日と同じ6人部屋一泊1500円

 

今日のパントン

まじで一日こんな感じやった

 

明日は台湾セラピストにインタビュー!

 

 

 

海外医療者インタビュー第一弾の舞台である台中に到着。

今日も台湾は暑い。

 

今日の行き先

漯底山自然公園でハイキング

 

今日のメシ

朝メシに関しては前の記事に記載したので、ここでは晩メシを

21:30の時点で空いている安食堂はここのみであった。

この豊富なメニューにはテンション上がった。

×3.7をすると日本の金額に

肉燥飯130円、小菜75円

台湾に行くといつもこの2つを注文する。

明日も食べたい。

 

その後、少し飲みたくなり一人で二軒目へ

このとき所持金たったの600円。

この金額でビールとビールに合う海鮮料理を注文した。

台湾ビール中瓶220円

アサリとニンニクと緑の野菜440円

 

今日の宿

今日からAirbnbではなく、Booking.comを利用し始める。

おそらくこちらの方が宿のクオリティが高い。

6人部屋1500円(朝食付き)

部屋は綺麗だがオヤジ臭いのが玉にキズ。

 

今日のパントン

台湾高雄・漯底山自然公園にて

 

明日はホテルにこもって仕事しよう。

 

 

 

私にはアイスクリームと言う名の友人がいる。

 

私が21歳の時に出会ったのタイの女の子である。

当時、私より4つほど年上であったことから現在は30歳を超えていると思われる。

 

彼女の名前はなぜアイスクリームなのか、ずっと疑問であった。

いわゆるキラキラネームなのか、両親は何を考えていたのかと考えたが答えは出なかった。

 

昨日、6年間の疑問がようやく解決した。

 

 

台湾の若者たちと食事をしているときにふと尋ねてみた。

 

『台湾の人たちは中国語と英語2つ名前を持ってるんだよね?なんで?』

 

『中国人の名前は英語では発音しにくいからだよ。あと覚えやすいように。』

 

『そうなんだ。英語の名前は親がつけてくれるの?』

 

『いいや、自分でつけるんだよ。いつでも自由に変えていいんだぜ』

 

『まじで?』

 

 

この話ですべて理解した。

 

タイの彼女は自らアイスクリームと名乗っていたのだ。

 

そして気になり彼女のFacebookを見てみた。

 

もうすでにアイスクリームではなくなっているではないか。

彼女も三十路を越え、さすがにアイスクリームはマズイと思ったのだろう。

 

 

みなさんは自分で英語名がつけられるなら何とつけますか?
私は”Strong Yamamoto”

 

真ん中の彼女

 

この日、9時にDexter兄やんの家で目覚めた。

 

前日の日焼けの影響か全身は汗びっしょり、顔は油だらけ。

不快感極まりないこの状況だが、これこそが旅だと少し嬉しくなる。

 

シャワーを浴び、なんだかんだと準備に1時間を費やし、彼と共に遅い朝食を取ることにした。

 

バックパックを担ぎ、異国の地を異国の友人とバイクにニケツする。

これを青春と呼ばずして何という

と思い、自然と笑みがこぼれた。

 

着いた店は、これまた地元民に人気のレストラン

海鮮チキンラーメンといった感じ

美味かった。

台湾風おでん

甘い味付けで正直好みでなかった。

 

ちなみに今回も全て彼のおごり。

彼が日本に来た時は、美味いメシをたらふく食わせてやろう。

 

腹一杯になった後、台中へ向かうためバス停に向かうと思いきや、彼は何も言わずに人気のない方角へ。

 

20分ほどすると山の麓へとたどり着く。

「ここはどこ?」と尋ねると

「ケイタ、ハイキングをしよう!」とDexter

 

気温30℃を越す炎天下の中、野郎二人でのハイキングが始まった。

二人して「暑い〜(日本語)」とぐちぐち言いながら歩き続ける。

 

頂上まではたった30分ほどだったが、全身汗だくに。

 

こんな調子で果たしてスペイン巡礼の旅800kmなど歩けるものなのかと心配になる。

 

頂上でパントンスクラブに着替え写真撮影。

「ケイタ、何してるの?」

「この服のこと?ある企業の宣伝をしてるんだよ。まぁ、スポンサー料はまだもらえてないんだけどね」

これに関しては、また近日中に説明させてもらおう。

 

この後、彼にバス停まで送ってもらい、3時間かけて台中に到着し、今に至る。

 

ちなみに彼とは台湾最終日である5月10日に再び会う予定をしている。

友人たちと共に盛大に飲んで送り出してくれるそうだ。

楽しみなことに台湾美女も同席するとのこと。

 

 

27歳、定職なし、彼女なし。

しかし、最高に青春しております。

 

 

 

 

彼との出会いは4年前、二度目の台湾一人旅で台南市を訪れたときであった。

初めての台南の街で右も左も分からず、途方に暮れていた時に助けてくれたのがDexter兄やんである。

 

彼は親切にも、私の宿探しに協力してくれたのだが、結果どこも予約でいっぱいであった。

すると彼は、『じゃあ俺の友達の家に泊まりなよ』と友人を紹介してくれた。

結局その友人の家に一日泊めてもらうことになった。

 

その後、時折メールで連絡は取り合うものの、彼が世界中を飛び回っていることもあり再会は実現しなかった。

 

そして昨日、突然彼からメールがきた。

 

『ケイタ、今台湾にいるの?いるなら会おうぜ』

『え?まだ旅してるんじゃないの?』

『いいや、高雄にいるよ』

『まじ?なら明日は?』

『OK!』

 

という具合で、4年ぶりの再会が実現した。

 

4年ぶりに会った(しかも会うのは今回が二度目)にも関わらず、昔から知る親友のように感じるのはなぜだろう。

合計7時間ほど一緒にいたのだが、私たちの話は途切れることがなかった。

 

夕食は彼にご馳走になった。

というより途中で買ったアイスクリーム、ジュース全て彼がご馳走してくれたため、申し訳なくな思い、日本から持ってきたお菓子を全てあげると提案したのだが、最後まで彼は受け取ってくれなかった。

 

夕食は地元民で賑わう大通りに面したローカルレストランで取った。

名物だという海鮮お粥と臭豆腐、エビコロッケなど腹一杯になるまで台湾料理を堪能させてもらった。

お粥に入っているエビは冷ますためにこのようにするのが台湾風らしい。

実は、彼の友人が6名ほど同席していたのだが、写真を撮り忘れた。

驚いたことに皆が皆、英語が堪能で「これは日本いよいよやばいな」と痛感させられた。

 

腹も満たされ、

「今日俺、台湾に宿取ってるんだよね。めんどくさいけど行かなきゃ」とDexter兄やんに伝えると

「めんどくさいならうちに泊まれば?部屋もちょうど空いてるし」との提案が

「まじで?ありがとう。じゃあ泊まらせてもらうよ。てか正直いうとそう言ってくれないか期待してたんだよね(笑)」

 

ということで本日の宿泊先変更!

 

そして彼のいう空いている部屋に着くと驚愕する。

 

広すぎ!!

というか4階建でリビングには見たことないような大きなテレビがあるし。

しかも部屋にシャワールームまでついてるし。

 

かなり良いとこの人だったのね、Dexter兄やん。

 

今日は一人ではもったいないほど豪華なこの部屋で寂しく眠るとしましょうか。

 

 

 

2件のコメント

台湾は暑い。

本当は部屋でYouTubeでも見て過ごしたいのを鞭打って外出してきた。

 

今日の行き先

フェリーに乗り、高雄にある旗津半島に行ってきた。

目的は、美味い海鮮料理を食べること。

 

今日のメシ

数ある海鮮レストランから選んだのはこれ!

唐揚げラーメン150円(笑)

一番賑わってた店でテキトーに頼んだらこれが出てきた。

 

その後、何か海のものが食べたいと歩いていると美味そうな匂いが

イカの丸焼き1本180円

味付けは思いの外甘く、もっとスパイシーでも良いと思った。

 

今日の宿

台南へ行くつもりだったが、急遽キャンセル。

詳しくは次の記事で。

 

今日のパントン

クソ暑い中30分かけて撮影

台湾高雄・旗津海岸公園にて

 

これからDexterの兄やんと飲んでくるぜ!

 

 

2件のコメント

PPAPを無理やり踊らされる子供

 

真面目な話はほどほどに

ここでは気楽に旅の記録を記して行こう。

 

今日の行き先

台湾高雄市蓮池潭

いい天気。ほんとは夜が良いらしい。

台湾高雄市瑞豊夜市

臭豆腐臭かった。

 

今日のメシ

ロブスターサラダたこ焼き4個350円

クッソ高いけどめっちゃ美味い!

台湾名物牡蠣オムレツ220円

これは定番、間違いなし!

牛肉ステーキ180円

これも定番、間違いなし!

 

今日の宿

Airbnbで見つけたEduard house

※正式には名前なし

6人部屋、1泊1300円

 

今日のいろいろ

台湾でも塩顔が流行っているらしい。

つまり東アジアは俺の天下。

 

恐らくジョジョのパクリ。

もう少しうまいことパクれんかったんかな。

 

宿のスロバキア人オーナーEduardに勧められた酒。

アホほど強くて全部飲んだら確実に逝ってた。

 

今日のパントン

ヤマモトwithタイガー&ドラゴン

台湾高雄市蓮池潭にて

 

明日は台湾台南市へ!